プラン一覧
北海道八十八ヵ所霊場巡拝ツアー
店舗情報
DCTツーリスト 店舗写真

【旅行企画実施】
北海道知事登録旅行業 第2-346号
札幌航空旅行株式会社

旅行業者代理業北海道知事登録127号

DCTツーリスト株式会社

〒047-0032 小樽市稲穂1丁目8番13号

TEL.0134-34-1811 お問い合わせ
北海道八十八ヵ所とは

北海道八十八ヶ所霊場は平成18年10月15日に開場されました。
今より1200年前、「四国八十八ヶ所霊場」が真言宗開祖 弘法大師 空海上人(以降御大師様)によって開かれて以来、鎌倉時代以降は修行としての巡拝が一般的になり、現在では全国各地50箇所以上の霊場が開場され、観光も含めて多くの方が参拝されています。


現在のような参拝の始まりは御大師様と同じ時代の「衞門三郎」が起源と言われています。当時、衞門三郎が御大師様と知らずに無礼を働いてしまったことを悔やみ、御大師様に謝罪すべく後を追い、八十八ヶ所を回り始めました。衞門三郎が「自分は今ここにいる」との証を残すために始まったのが納め札の始まりと言われ、御大師様に会い、命果てる時に墓標として使われた杖が、金剛杖として使用され、御大師様の足をお借りしているとされているのです。この伝説が後に「修行」の形で受け継がれ、現代の八十八ヶ所巡拝になったと言われています。


北海道には元々、十三仏霊場・三十三観音霊場・三十六不動霊場がありましたが、八十八ヶ所霊場だけが存在しませんでした。そのため、四国から屯田兵や開拓者として北海道に移り住んだ人々が地元の寺院境内に八十八ヶ所を設けるのが一般的でした。それを全道規模で実現させたのが北海道八十八ヶ所霊場の始まりとなります。開場までには11年の歳月が掛かりましたが、これにより北海道に住みながら御大師様にお会いできる参拝が出来るようになりました。


開場から4年、ここ北海道でも毎年500人程度の方々が参拝を始めています。最近ではNHKの番組などでも全国各地の巡拝が取り上げられるなど注目を集めています。八十八ヶ所霊場の参拝がこれだけ多くの人々に支持されているのは、飽食の時代と言われながらも、どこか殺伐としたこの時代に多くの方が「癒し」を求めている事が理由だと思います。老若男女問わず、自分を見つめ直し、心を養う旅が見直されているのだと思います。


現代の巡拝はその方法も多岐にわたっており、参拝者の方々の都合に合わせ自由に組み合わせることができます。土日や休暇を使ったり、数年に分けて巡ったり出来ますし、移動手段もマイカーやツアーなど色々と選べます。特に北海道は郷土料理や温泉、観光施設なども多くありますので、ゆっくりと時間を使って巡拝されるのも良いのではないかと思っています。


北海道の大地で同行二人、御大師様にお逢いすることを目的として、一人でも多くの方が達成感を味わい、心が癒されるよう願っています。

この度、DCTツーリストでは、小樽・余市発着「北海道八十八ヶ所霊場巡拝の旅」を企画させていただきました。約2年半、全14回に分けて北海道八十八ヶ所霊場を皆様と一緒にお参りさせていただこうと思っております。
私も2年半をかけて北海道八十八ヶ所霊場を巡拝させてもらいました。

この6月からは2巡目を始めたばかりです。私の貴重な体験を基に、少しでも「霊場巡拝の旅」が身近なものに感じられればと思っております。巡拝の旅は形式にとらわれず、お気軽にご参加いただけるツアーとなっています。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込み方法